に投稿

アルミライトについて その2

今回はアルミライトを深堀りします。
素材は鋳物成型したアルミで、質感を活かすためあえて塗装していません。
そのため色むらや傷や擦れ、歪みなどがあります。
厳密にご説明すると、金型に高温で溶かしたアルミニウム合金を流し込んで成型するのですが、
固まって金型から外すときに、スポッと外れるように離型剤というものを金型に塗布していて
それが商品本体にもついているので、色むらになって表面の独特な色合いになっているのです。
焼き菓子を作るときに型にバターを塗っておくと型外れしやすくなるイメージです。

また、アルミライトソケットの台座の部分の一部に細かいバイブレーション研磨したような傷があることがあります。これは、台座の角のバリ(成形行程でできる残留物)が出ている部分をワイヤーバフ(針金のブラシ)で削るため、その時につく傷です。当社はそういう製造段階でできる傷もあえて商品個体ごとの個性ととらえて、それを活かすデザインを追求しました。

アルミはサッシや物干し竿、外部階段や車のホイールなどにも使われ、軽くて錆びにくく耐食性が強いのが特徴です。社内で実験のため塩水をかけた後ふき取り、3年たったものがありますが少しの色あせで、あからさまな劣化は見られませんでした。経年変化もお楽しみいただけますが、潮風の当たる場所やほこり、廃棄ガスの汚れが蓄積すると腐食が進んでしまいますので、ときどきお手入れをお願いします。

お客様の空間を優しく明るく、ときには包み込むように照らすライトになってくれるよう、願いをこめて。

に投稿

「アルミライト」について その1

「アルミライト」は当社にとって商品開発第1号の商品です。
この世にない「これがいい」と思えるものを製品化させたいと常々思っていた中で、インターネットである日工場の照明として使われていた無骨でシンプルな電球丸見えのライトを見て、インスピレーションを感じたところからすべてが始まりました。

配管むき出しやアイアン系などのインダストリアル系インテリアを好むユーザー向けに、メタリックで無機質な商品はたくさん販売されていて、同じテイストのものはインターネットを探せば見つかります。
一方で昔から工業用の照明を作っていた工場はLEDが普及してからほとんどなくなり、生産はごくわずかになっていました。受け継がれてきた普遍的なデザインを残したい、それを住空間や店舗に使える形に昇華させ誰でも気軽にインダストリアルな雰囲気をとりいれられる照明を作ろう、と決めてからの行動は早かったです。

製作ができる工場を探してすぐに訪問、そこに置いてあった塗装前のアルミのパーツがイメージしていた素材にぴったりでした。そこから、商品にするための設計、組み合わせの部品調達、工場との度重なる打ち合わせのすえに完成しましたが、売るためには商品だけではなく、他にもやることがたくさんあります。
電気製品なので法律で定められているPSE認証を取得するための手続き、表示シールのデザイン、梱包の資材調達、取扱説明書と図面の用意、シール貼りから出荷、納品書送付まで、普通なら各部署で手分けしてやることもすべて社長自らしないといけないという小規模会社ならではの苦労もありました。でも、だからこそ細部までこだわったものができたと自負しております。

「アルミライト」自信をもってオススメします。